ホーム>素敵なペットライフのために>去勢・避妊手術はなぜ必要なの?
  • ホーム
  • 院長挨拶
  • スタッフ紹介
  • 診療時間
  • アクセスマップ
  • ブログ
素敵なペットライフのために

去勢・避妊手術はなぜ必要なの?

「健康なネコちゃんやワンちゃんに、どうして去勢手術や避妊手術のような可哀想なことをするのか?」と、よく尋ねられます。そこで『去勢手術や避妊手術がなぜ必要なのか?』という疑問に、お答えしたいと思います。


これには主に3つの理由があります。

第1は行動上の理由です。
発情が始まると、猫では大きな声で鳴き続け、外出したがり、尿をかけたりします。犬では、メスは外陰部からの出血があり、オスは遠吠えをし、あなたの指示を無視して逃亡やケンカをします。発情に伴うケンカや交通事故は、犬猫とも後を絶ちません。

これらの行動の変化はすべて、発情に伴う性ホルモンに支配されたもの。ワンちゃん、ネコちゃんを責めることはできないのです。従って、去勢・避妊手術をおこない発情をなくすことで、発情に伴ったストレスやトラブルから、あなたのワンちゃん、ネコちゃんを守ってあげることが可能になるのです。

第2は病気上の理由です。
生殖器(卵巣・子宮・精巣・前立腺など)の病気の発生は、犬猫共、年齢とともに増加します。中には子宮蓄膿症や生殖器の悪性腫瘍のように緊急に手術をおこなわなければならない場合もたくさんあります。また交尾行動により感染する犬の可移植性性器肉腫やネコのエイズ感染症などの恐ろしい病気もあります。

これらの病気は、去勢・避妊手術をおこなうことにより生殖器自体がなくなるため、病気の不安を減らすことが可能です。近年、メス猫では最初の発情前に避妊手術をおこなうことで、悪性の乳腺腫瘍になる確率がほとんどなくなるとも言われています。

第3は繁殖上の理由です。
飼い主から見捨てられた仔犬や仔猫たちの運命を考えたことはありますか?ノラ犬やノラ猫と呼ばれて生きていくもの、捨てられたまま死んでいくもの、保健所に連れて行かれ処分されていくものなど…。とても悲しいことですが、この現実から目をそらすことはできません。

あなたに可愛がられているワンちゃんネコちゃんの陰で、こんなことが起こっている…、何とかならないものでしょうか。幸せに暮らすことが約束されない不幸な仔犬や仔猫をつくらないためにも、去勢・避妊手術は必要だと思いませんか?

ネコちゃん画像
ネコちゃんの女のコには、傷を舐めないよう
腹帯をして退院して頂いています。
モデル/チョコちゃん

「動物にとって、交尾のない発情は単なるストレスやトラブルの原因にすぎない」と言われています。交尾行動を飼い主の勝手で制限することは、ワンちゃん、ネコちゃんにとって苦痛ではないでしょうか?

去勢・避妊手術は、ワンちゃん、ネコちゃんと家族としてつき合っていくために、また、彼らの健康を維持するために必要なことだと、私たち獣医師は考えています。特に繁殖を希望されない限り、去勢・避妊手術を受けられることをお勧め致します。

当院の去勢・避妊手術について